結婚指輪の価格ってどれぐらい?

結婚するには様々な準備が必要ですが、結婚式までに必要なものの一つとして結婚指輪があります。
婚約指輪は給料3か月分をかけてプレゼント、という話もありますが結婚指輪はどうでしょう。値段設定はピンからキリまで、一生ものとして高額の指輪を贈る一方で今後の生活を考えて手ごろな価格で済ませる人も多いのではないでしょうか。女性の就業率が上がっていることから職場では指輪を外して仕事をしているため普段はほとんど指輪を付けないという女性も珍しくありません。こうゆう背景も関係してか現在の相場は10万円前後となっていますが、テレビで芸能人が贈られるハリー・ウィストンの指輪など高額のものもあります。子供用の指輪のおもちゃがあるように女性なら一度はその存在を意識したことがあるはずです。
では、そもそも結婚指輪にはどのような意味があるのでしょうか。丸い指輪の形から「永遠に途切れることのない愛情・絆」などを表しているようです。指輪をしているかどうかで結婚しているかしていないか一目瞭然、浮気の防止にも役立つであろう存在ともいえます。男性の浮気が取り上げられることは昔からありますが、最近ではテレビの影響もあってか結婚後に浮気をしてしまう主婦も増えているということを耳にします。浮気に歯止めをかけるというのは過去のことになってしまっているのかもしれません。指輪は外しても心は通じ合っている、そんな夫婦仲を築いていける家族がもっと増えることを祈っています。

結婚指輪の魅力的なデザインはあるの?

結婚指輪は、世界で一つだけで二人の愛の証です。幸せを感じるそのものであり、永遠の思い出でもあります。
そんな結婚指輪は、手作りが一番です。手作りサイトで検索すると様々なお店が出てきます。それぞれのお店で価格も違ければ、時価によって材料の値段も変わります。決まるまでに少し様子を見たりと、二人で探したり「このお店いいね」など会話も多くなって、スキンシップも取れるようになって、一石二鳥どころか、五鳥ぐらいまで行くのではないでしょうか。
デザインから入れる石もきめて、ロスとワックス法により自分の手で結婚指輪を作り上げていきます。教えてくれる先生も優しいし、「途中でこういう方がいい気がするのですがどうでしょうか」とか「もう少しこうしたいです」とか、自分の希望に合わせて指輪がつくれます。リングの内側に刻印する作業も自分でできます。うまくはいかないですが、内側くらい手作り感があったほうが味があって、手作りなんだなと実感します。
例えば、お金がなくて少しでもお金を浮かしたいけど、しっかりとした物を作りたいという人にも手作りはおすすめです。材料費の金額はあなたのさじ加減です。作っている最中に重さを量って、ある程度の金額が出ます。高いなと思ったら、削ったり軽くすればいいんです。なんてシンプルで、簡単なことでしょう!しかし、あまり削りすぎると折れるらしいので、先生と相談しつつでお願いします。
世界でたった一つの指輪へ。あなたたちの思い出と、幸せの証をこめて。手作りしてみませんか?

My Favorites Site

結婚指輪は古代ローマ時代にあたる9世紀ころに始まったという説が有力です。当時のローマ教皇が、誓約を意味する鉄の輪を結婚の誓いのしるしとして指輪を使い始めたのが最初だといわれています。